ファッションで失敗しました。何がだめだったのか、、、?

ここからは、私の感覚になりますが、、、

たぶん、ピアスとピンヒールではないでしょうか?パンツの黒が少し明るいカラーだっただけでも印象が違ったかもしれません。

でも、コレがコンパだったらう好評だったのかもしれないのです。

目的が、コンパは、彼女または、友達なのに対しパーティーであったとしても、お見合いと名の付くもの、結婚=生活、人生を共にする相手と言う感覚で
相手から見られる場なのです。

たまたま、40代のその男性にあわなはまらなかっただけとも考えられますが、男性から見て自己主張が強いように見えたのかもしてません。
彼女自身の性格は決してそんな自己主張は強くなく、まわりと調和が取れる子ですが、

男性のその一瞬の判断にはそううつったのでしょう。

最近はスーツやジャケットなどの需要が昔に比べて本当に減りました。

ビジネスに関して、お洋服の制限がどんどん緩くなっているんですよね。

とはいえ、やっぱり会議や、取引先の方と会う時、人前に出るときなどなど、

ビジネス的にも、キチンと決め込みたい、でも、ちゃんとおしゃれしたいと言う方は、このページをお読みください。

この世代の大人女子だと、きっとほとんどの時間を会社で過ごしているって言う方も少なくないんじゃないのかな?

その、お洋服が雑になってはもったいない。

かわいく、知的に、またちょっぴりエレガンスに着こなすために。。。

 

スーツにはお金をかけてください

何年もスーツとお付き合いされた方だと、もうお分かりかもしれませんが、ここも抑えてしまう方って意外に多いんです。

毎日着るからすぐだめになるし。。。と言う声を聞くことも多いですし、最近は洗えたり、使い捨て感覚の安価な商品もたくさん出ています。

30代になったら、お金があろうがなかろうが、スーツにだけはお金を出してください。

そのスーツ、お値段がばれちゃってます!

素材が全部伝えてしまっているのですっ

そして、着るのだって疲れちゃいますもんね!オーダーまでかける必要はありませんが、最低でも上下5万のスーツを着ていただきたいものです。

おしゃれさは決して値段ではありませんが、コートとスーツはだけは、値段に見合った仕事をしてくれることがほとんどです。